【双子座新月】自分とつながり直し、新しい価値観から自分らしい生き方を創造する

更新日:2021年6月10日


双子座の季節も半ばを過ぎ、前回の満月(月食)から2週間。

6月10日19時52分ころ、双子座にて新月(日食)を迎えます。

満月から集合意識が大きくうねっているのを感じており

繊細な感性をお持ちの方ほど、

心身ともに影響があったのではないかと思います。


そうでなくても、双子座は知性、情報、思考、

コミュニケーションを司る水星を支配星にもつ星座。


どうしても情報や思考過多になりがちで神経的に疲れてしまったという方も

多かったのではないでしょうか?


日食を伴う新月ですから、見直しやリセット、

リスタートのエネルギーが強いです。

人との運命的なご縁が繋がったり、

魂が決めてきたことが起動し始めるようなタイミングでもあります。


今回の新月(太陽と月)の近くに、同じく双子座にて逆行中の水星があり

知識や情報、思考、コミュニケーションに関する見直しが

行われているような印象があります。


そのことも踏まえると、今までの経験から得てきた知識、思考、コミュニケーションが積み重なってできた「信念体系」を書き換えてリセットしていく。

そして、その場所から、新たなるクリエーションを始めていく。

全く違う立ち位置や切り口から、新しいことを始めていく人も多いような気がします。


また、新月の起こる「双子座」と、葛藤の配置をとっている「魚座」の海王星は

どちらも柔軟タイプの星座。

そのため、鍵となるこころの在り方は、柔軟性や偏りのない視点を持ち、

一瞬一瞬、臨機応変に動いていくこと。


先は見えない。何が正しいかは誰にも分からない。

そんな中で、地に足をつけて、その瞬間の心の振動を頼りに

分からないまま進んでいく。


選択しなきゃ、決めなきゃと焦ったり、本音を無視して

正解探しや「べき」に縛られ過ぎると、ただ単に疲弊しそうです。


今回の新月は、6ハウスという「仕事、ライフスタイル、健康、習慣」をテーマとする

場所で起こります。


おそらくこの1年ほどで、私たちは様々な経験を通して

<感情>が揺さぶられることを体験し、

そこで自分が好きなこと、嫌いなこと、ホッとできる場所や環境、

自分の大切にしたい人やモノ、価値観について

混沌としたこの世界と対峙することで沢山の情報を得てきたのだと思います。


それは自分だけの心の物差し。

その新しい基準、自分の心に正直な基準を

自分の生活に浸透させていくために、今出来ることを積み重ねていく。


その価値観に沿った現実を創るために、

内なる情報や知恵を使って自らの手で策を講じていく。

というのが、風の時代に突入した昨年末からの新しい流れです。


そして、その動きは必ず自分らしい豊かさや、心地よさ、

価値を創造することにつながっていく。

そのために目の前にある現実の中で、自分の本音と一致するもの、

自分が一番大切にしたいものを掴んでいく。


やってみて感じた感情や感覚から、やっぱり違うというのであれば

その都度軌道修正して、微調整していく。


そんな気軽さで、自分自身、そして大地とつながることを意識して、

とにかく心に余裕を持ちスペースを空ける。


それと同時に、外側の情報や知識に振り回されない自分なりの信念や

自分の軸を持つことが大切だと感じています。

それには他の誰よりもまず、自分自身と密にコミュニケーションを

とっている必要があります。


6月21日に迎える夏至にむけて、

そこら辺をブラッシュアップさせていく時でもあります。


自分自身とつながっている。そんな全方位に広がる温かい感覚の中で

祈るように、そっと静かに願いを捧げる。

そんな素敵な新月の夜を迎えることができますように。









閲覧数:30回0件のコメント