【水瓶座満月】~ただ自分であるために。

こんばんは!

今日は午前中、水瓶座にて満月を迎えました。



エネルギーがぐわんと広がり、激しくて

未明には目が覚めてしまい、飼い猫と外に出てみました。



耳の横をビューっと強い風が吹き抜けたかと思うと

メッセージが降ってきました。



またポエム風ですが(笑)



************



大気が猛っている。

愛の嵐が吹き抜けてゆく。









あなたは知っているはずだ。

今、古い鎧を脱ぎ捨てていく時だということを。



あなたの足取りを重くする、

そんなものはここに置いていきなさい。



軽やかに飛び立ちたいと願う

魂の声に従って。



花が花であるように。

鳥が鳥であるように。

木々が木々であるように。



あなたはあなたであるということを。

あるがままの命よ、躍れ。



**************



大きな選択を迫られていたり

ずっと観ないできたことに向き合わされたり。

(2件続けて、職場や住環境を大きく変えたいという

ご相談を受けました)



自分の感情や感覚を鈍化させたまま生きていくのか

それともより繊細に、大切にそれらを扱っていくのか。

そんな岐路に立っている人が多いと感じています。



感情は本来、魂の羅針盤でもあります。



そこで鍵となるのは『自分軸』

そのためにはまず、

自分をよーく知っていることが必要です。



私たちのすることは、至ってシンプルで

ただ自分の本音をみて、

それを受容していくということでしかありません。



それを丁寧に行うことで

後は愛という名の采配が

よりふさわしい場所や人間関係へと

運んでくれるように想います。



自分で出来ることをしつつ

すべてを自分一人の力でなそうとしない。

愛に明け渡し、愛に還っていく。



自分の歓びや幸せが、他の人や

社会全体の善きことに繋がっていく。

そんなイメージを持つと良いかと思います。



そんな動きが益々加速すように感じています。

それでは、良き満月をお過ごしください。










閲覧数:12回0件のコメント