【獅子座新月】~光の中で未来から届くサインを受け取っていく

こんにちは。明日8月8日午後10時51分ころ、

獅子座にて新月を迎えます。










先日の7月24日、水瓶座で迎えた満月は

命が歓ぶ生き方へシフトするため

人によっては、突発的な出来事により破壊が

もたらされるかも…というような記事を書きました。


そこから今回の新月、そして8月22日に

二度目に水瓶座で迎える満月まで

【スクラップ&ビルト~破壊と再生】の

ストーリー、流れは続いています。


前回の満月で更地になってスペースが空き、

今回の新月から次の満月までの間は、

二度目の水瓶座満月で新たな基盤を足場にして、

真実の自分として、再生していくための

サインやビジョンを受け取っていくのだと感じています。


7月24日満月と同様に、今回の新月が起こる場所も

4ハウスという「家、家族、基盤」を表す領域です。


そしてサビアンシンボルは、獅子座17度

「ベストを着ていない聖歌隊」です。


<日常のささやかな幸せを大切にする。

純粋な心で人との共同の楽しみ>

といったキーワードがあります。


獅子座の自分の歓びを生きるという意志に

水瓶座の全体性という視点、社会貢献といったエッセンスが入り

一つに統合されていくエネルギーです。


自分にとってのささやかな幸せ、そんな時間を大切にすることで、

自分の感情エネルギーが純化され満たされていく。

そうなって初めて、持続的に人や社会に貢献できる自分になる。


自分を幸せにすること。それは結局、

世界の幸せへと繋がっているということへの気づき。


このエネルギーの動線と循環を意識すること、

まずはご自分を、安らぎや愛、光で包んであげる。

それが心の基盤を整えるということです。


その光があなたを中心に波紋のように広がっていく。

その中心点にいるときに

ふと湧き上がってくる想いやビジョンを

どうぞ大切に受け取ってください。


その時に、気がかかりなこと、ネガティブな想いが

湧いてきても焦らなくて大丈夫です。


そんな時こそ、ご自分の光の中にそっと置いてみる、

ご自分の光に明け渡していくことで

そのネガティブな出来事や想いをも

ご自分の内なる光を想い出すための道具として

使っていくことができます。


そんな力が誰の内にもあること、

自らの内なる光やパワー、叡智を

どうぞ想い出してください。


優しすぎる方、人の感情やエネルギーが手にとるように

分かってしまい、ご自分を脇に置いてでも

つい手を差し伸べたくなってしまうような方こそ

自分の「〇〇したい」という素直な想いを

丁寧に、大切に受け取ることを忘れていないか

ぜひ振り返ってみることをオススメします。


深い呼吸で、ご自分の光と深くつながり

今というすべてがある場所で

未来の自分からメッセージを受け取る。


獅子座は、太陽を支配星にもつ星座です。

獅子座の意志は、太陽への道を拓きます。


獅子座は火の星座なので、キャンドルの灯りをともしたり

ジャスミンやフランキンセンスのアロマを炊くことも

オススメです。


どうぞ心静かな、新月タイムをお過ごしください(^^)

閲覧数:7回0件のコメント