【蟹座新月】~本当にくつろげる場所から見えてくる役割

おはようございます!久しぶりの晴天ですね。

そして今日10時16分ころ、蟹座にて新月を迎えます。


新しいはじまり、新しい役割、新しいミッション、夜明け。

そんな空気感に包まれています。











今日の新月は10ハウスという「社会的な役割、使命」を

表す場所で起こりますので、そういった領域での「始まり」を

意識されている方も多いかと思います。


蟹座は、ホーム、基盤を象徴する星座です。

自分にとってのホーム、本当にくつろげる、心が安らぐ、

自然体でいられる場所はどこでしょうか?

どんな人とどんな距離感で、どんな立ち位置にいる時ですか?


その問いから見えてくる<本音>に従い、そこに降り立った先に

自然と見えてくる新しい役割、立ち位置のようなものがあるかと思います。


「これが本音か分からない」

「自分の本音ってどうやって見つければいいの?」という声が

聞こえてきそうですが、

それは丁寧に自分に聴き続けてあげることだと思います。


そして、本音かどうか見分けるヒントは体感や感情にあります。

本音をみつけた瞬間というのは、ふわっと心の領域が

広がった感じ。内側にスペースやゆとりができるのです。

人によっては安心感に包まれている、

温かい気持ちが溢れてくるような方もいるかもしれません。


受け取るという質が強い女性や、共感覚が強い方は、

自分の望み=他者の望みになりがちで

自分の本音が分かりにくいという側面があります。


私はこの質をビジネスブランディングの時に痛烈に思い知らされました。

プロフィール等書いていても無意識で他者の感情やエネルギーを

拾ってしまうので、私ではない何者かになってしまうという…

(そしてその質を受け容れた上で自分はどう在りたいかという本音と

向き合い続けたこの半年であったと思います)


私たちの脳は、自分が許せている範囲でしか情報をキャッチできませんし

内側に分離がある場合は、限定された願いしか見えてきません。

自分の望みがズレていたり他者のものであるってことはよくあります。


そんなことを書くと、自分の望みが違っていたらどうしよう…という風に

感じる方もいるかもしれませんが、それは大丈夫です。


自分の本音とつながる。

そのためには、自分のエネルギーフィールドのお掃除と

整理(仕分け)が鍵になります。


そうすることでより簡単に自分の本音に気づけるように

なっていきます。


自分という「個」を超えた大きなところから

投げ込まれる、意外性に満ちた何か。

自分の認識できる領域外で、今静かに始まったストーリー。


そして、私たち一人一人がこの壮大なタペストリーを構成する

欠かすことのでいきない要素の一部。

はなから、その全体像を掌握できる人なんていませんよね。


でも、今、わたしが感じている想いや願い、

それを感じているわたしと、わたしを取り巻く人たちと。

その一本一本の無数の糸(意図)のすべてを使って

織りなされる物語がある。


その「采配」を信頼して、今ここの自分の想いに

正直に寄り添ってみる。


個人の感情や無意識を司る「月」が一番自然体で

くつろいでいられるのが蟹座というホームにある時です。


そんな新月だからこそ、自分の内側に意識をむけてください。

あなたが感じているその想いのさらに奥から

尽きることなく溢れでる光。


その真ん中に降り立って、自分自身と深くつながり

その光と共にあり続ける。そのニュートラルな状態に還っていくこと。


そんな安堵と優しさに包まれているからこそ、

自分に正直な一歩を踏み出せるはずです。


引き続き、他者や環境を通して自分の本音を見つける機会や

(それは往々にして感情が揺さぶられるようなことが多いですが)

自分の本音を受け取りやすいカタチに調整しつつも

相手に正直に伝えることが大切だったりします。


それでは良い新月をお過ごしください(^^)







閲覧数:5回0件のコメント