【蟹座満月】~慣れ親しんだものから卒業して、新しい風を迎え入れる

更新日:1月17日

こんにちは。

1月18日8時50分ころ、蟹座にて満月を迎えます。

今回もクリスタルを使ったリーディングをメインに

天体のエネルギーを読み解いていきます♪











満月の対局には、太陽と並んで

根本的な変容をうながす冥王星があります。

否応なく、変化することを求められる。

そんな強制的な力も感じます。



水星や金星が逆行している中で起こる満月。

何かとスムーズにいかず、省みることを求められたり

コントロールが効かない状態。



いっそのこと、意志や理性でコントロールすることをやめて

明け渡した先に、新しい選択肢や景色が見えてくる。

そんな時なのかもしれません。



蟹座は、感情豊かなサインです。

溢れてくる感情をとめようとしなくていい。

その感情が、良くも悪くも、

普段は隠されている想いや価値観に光をあてて

本音に気づかせ、私たちを思わぬ方向へと

運んでいってくれるようです。



自分が「当たり前のこと」として

採用してきた世界観をガラッと

変えていける時でもあります。



「恐れ」が支配する世界を生きるのか、

それとも「愛」の名のもとに築かれた世界を選ぶのか。



蟹はカタイ甲羅をもちますが、今までは自分を守るために

必要としてきたものを、もう一度

見直すタイミングでもあるようです。



弱い自分。ダメな自分。

そんな自分を守ったり、隠すために必要だと

かたくなに握りしめてきたモノ。



それらを手放して、中にいる幼い自分を

そのまんま受け容れてあげる時。

ふわーっと広がる安心感の中で、

溢れてくる本当の想い。



今までは周りの目を気にしたり

波風を立たせるのが怖くて

すっと心の奥にしまい込んできた想い。



そんな心の声を素直にキャッチして

自分の手で大切に育んでいく。



自分にとって大切なもの、大切にしたいことを

自分が大切にする。



そう決めた時、そんな新しい選択が、あなたの人生に

新しい風を迎え入れてくれる。



満月は一つのサイクルが終わる、

感謝と手放しのタイミング。



今まで自分を守り育んでくれた人や環境、

慣れ親しんで居心地がいいけれど、

ここから先の自分にはもう必要ないモノ。



それらに感謝を伝えながら、そっとリリースして

より軽やかに本来の自分に還っていく。



そんな自分の本音に耳をすます。

温かい満月になるようにお祈りしています(^^)


閲覧数:4回0件のコメント